top of page

本州最北端のワイナリーで観光の新時代を切り開け!

有限会社 サンマモルワイナリー

サンマモルワイナリーに訪れる観光客・地元住民の増加を目指して

観光の仕掛けづくりを行うインターン生大募集!!


【サンマモルワイナリーとは】  サンマモルワイナリーとは、青森県むつ市でぶどう栽培を始めて20年以上、青森県産ぶどうやりんごを使用したワインを醸造しているワイナリーです。むつ市に第一工場、南津軽郡大鰐町に第二工場を構え、全国に出荷しています。

 豊かな自然で育った果実を使った、味わい深いワインは約50種とバリエーション豊富です。弊社では2017年からインターンシップ生を受け入れて来ました。今年度は過去に参加したインターン生が社員として入社しており、今回のインターンシップの主担として皆さんの活動をサポートします。




【ワインへのこだわり】  下北半島の陸奥湾側で作られる下北ワインは、害虫・害獣や病原菌の脅威にさらされながらも生き抜いたエネルギーあるぶどうを100%使用しています。特に雪解け時の野ネズミや野うさぎによる新芽の食害、ニホンカモシカによる葉の食害、キイロスズメバチ、カラス、たぬき、クマの食害、そして冬季はぶどう樹の雪害など、数えればキリがないほどです。

しかし自社畑の特徴として、陸奥湾から適度に吹きすさぶ乾風、太陽の照り返し、恐山のふもとでやませの影響を受けにくいことなど、下北半島内では数少ないぶどう栽培の適地と言われています。




【サンマモルでワインツーリズムを!】

 サンマモルワイナリーではより高品質なぶどうづくり、ワインづくりを目指し、日々奮闘しています。また、訪れた人々がワインをただ飲むだけではなく、ぶどうを育んだ土地の自然・人間・文化を全身で味わう「ワインツーリズム」を体験できるような仕掛けを作りたいと考えています。

 そこで、今回のインターンシップではサンマモルワイナリーの下北ワインをより楽しめるような「体験型」のサービスを考案し、観光客・地元住民が「また来たい」と思えるような仕掛けを実践するインターンシップ生を大募集します!



 

期待する成果

●「体験型」のサービスを企画・実践  ・企画案の制作(5つ以上!)  ・企画の広報


 

仕事内容

<STEP1>

①地域・企業を知る (通常業務体験)

②ワインツーリズムについて知る

③社長・社員の想いを知る


<STEP2>

①サービスの企画案を考える(5つ以上!)

②企画の広報について考える


<STEP3>

①サービスの企画完成

②企画の広報


<STEP4>

①企画実践に向けた準備と広報

②成果報告会


 

得られる経験

・ワインについて学ぶことができる

・新規事業立ち上げの実践経験が得られる

・下北半島の魅力について知ることができる

・行動力・コミュニケーションスキル等、社会人スキルを学べる

・本当の仲間づくりやネットワークを形成することができる


 

対象となる人

◯どれか一つでも当てはまる人

 ・ワインに興味がある人

 ・下北半島に興味がある人

 ・サブスクリプションに興味がある人

 ・お酒が好きな人

 ・農業やぶどうに興味がある人

 

事前課題

事前に、サンマモルワイナリーとワインツーリズムについて調査し、まとめてきてください。また、ワインツーリズムをおこなっているワイナリーの事例の中で面白いと思ったものを2つ調べてまとめて来てください。(面談時に詳細を話します)

 

期間

2023年2月中旬から3月中旬(要相談)

 

活動条件

週5日 9:00~17:00(休憩1時間) ※本インターンシップは住み込みでの活動となります。


 

勤務場所

サンマモルワイナリー

 

活動支援金

宿泊費や活動に関わる経費の支給有り

 

説明会のお申し込みはこちらから エントリーのお申し込みは公式ライン または、メールでご連絡ください。 Mail : tsumuguaomori@gmail.com

閲覧数:76回
bottom of page